耳鳴りを改善させて快適に生活する|早めの受診が肝心です

原因不明の難聴があります

内耳のむくみが原因です

腕を広げる女性

朝起きると突然激しい耳鳴りに襲われたり、耳を塞がれたような閉塞感を感じる場合があります。突発性難聴は、思い当たる原因がないまま耳のトラブルに襲われるために身体的負担だけでなく、精神的にも不安感が強く現れます。症状を緩和させるだけでなく、再発したらどうしようと感じる心の悩みに対してケアが必要な病気といえます。突発性難聴が起こると、内耳周辺の血流が悪くなり、リンパの流れが悪くなってむくみが生じます。この内リンパ水腫が聴覚神経を刺激して難聴を引き起こしたり、耳鳴りを発症させているといわれています。突然の耳鳴りや難聴に襲われたら、安静にし、治療が遅れる事により耳鳴りが回復しないケースもあるため早期に耳鼻咽喉科へ受診しましょう。

早期に治療を始めましょう

突発性難聴の治療には、薬物療法を行います。内耳のむくみを解消させるために利尿薬を使用して余分な水分を体外へ排出させます。また、内耳循環改善薬や血管拡張薬によりリンパや血液の流れを改善させます。ウィルス感染により耳鳴りが生じる場合もあり、抗ウィルス薬での治療も効果的です。突発性難聴と共にめまいを感じる場合もあります。その際には安静にしながら抗めまい薬や精神安定薬を投与します。耳鼻咽喉科ではこのような症状になると、内部を確認するためにCTやMRIなどの画像検査を行います。状況により聴神経に腫瘍ができていて、聴覚を司る器官を圧迫する場合があります。聴神経腫瘍は大半が良性で、発症している場所や大きさにより治療の仕方が異なります。専門医と相談して最善の治療法を模索していきましょう。

Copyright © 2015 耳鳴りを改善させて快適に生活する|早めの受診が肝心です All Rights Reserved.