耳鳴りを改善させて快適に生活する|早めの受診が肝心です

耳の中の雑音への対処方法

医者

耳鳴りには大きく分けて、自覚的なものと他覚的なものがあります。前者は自分だけに聞こえるもので、病気が原因で鳴る場合と、生理的なものが原因で鳴る場合とがあります。一方他覚的なものとは、筋肉のけいれんや血液の流れによるもので、他人でも聞こえることがあります。また高音性と低音性、単音性と雑音性に区別されることもあります。高音性の耳鳴りは難聴であることが多く、低音性はストレスや気圧が原因と考えられます。また単音性に比べると、様々な音が一緒に聞こえる雑音性の方が、症状が重いといえます。その他にも突発性と慢性とに区別されることもあり、突発性は突発性難聴、慢性は唐人性難聴の症状であることが多いです。またメニエール病の場合は、突発性もあれば慢性のこともあります。

耳鳴りそのものの原因は様々です。大きな音を聴いたり、耳に何か詰まったりして鳴ることもありますし、薬やストレスが原因のこともあります。もちろん難聴やメニエール病などの病気で起こることもありますし、アルコールやカフェインを摂り過ぎると耳鳴りがひどくなることもあります。耳鳴りを防ぐには、やはりストレスをためず、コーヒーやお酒を控えめにして、規則正しい生活をするといったことが一番です。ヘッドホンで大きな音で音楽を聴いたりするのは避けましょう。しかし、それでも耳鳴りがして止まらないという時は、耳鼻咽喉科を受診するようにしましょう。それから、耳に何か入ってしまって耳鳴りがする時は、無理して取ると耳の中を傷つけますので、これも病院に行くことをお勧めします。

Copyright © 2015 耳鳴りを改善させて快適に生活する|早めの受診が肝心です All Rights Reserved.